• ホーム
  • エコドライブニュース
  • エコドライブイベント情報
  • プレスリリース
  • 地域との推進
  • ReCooエコドライブ
  • レクーとは
Home > ReCoo(レクー)が考えるエコドライブ > エコドライブ技術案内 > 燃料節約のための走行抵抗低減

燃料節約のための走行抵抗低減

(1) 車両重量を考えた運転




[1] 余分な荷物は降ろす

車は重いほど走行抵抗が大きくなり、燃料消費量が増えます。余分な荷物を降ろし、身軽にして運転しましょう。

[2] 燃料も荷物

必要のない燃料も荷物になります。遠出しないときは満タンにしない方が省エネになります。(ガソリン30リットルで約22Kgになります。) 

人や荷物を載せて重くなった時は、加速感覚が異なりアクセルを踏み込みがちになります。人や荷物を降ろして軽くなった時は、アクセルを踏み込み過ぎないようにしましょう。

(2) 空気抵抗の影響



[1] 高速走行では空気抵抗を減らす対策が大切

空気抵抗が増加すると車両の走行抵抗も増し、燃料消費量が多くなります。高速になるほど空気抵抗は増大します。使わないキャリアなど不要物を外すよう、心掛けましょう。

[2] 乗用車の空気抵抗

セダンタイプの乗用車の空気抵抗を風洞で測定してみました。全席の窓をフルオープンにすると、空気抵抗が10%増加します。スキーキャリアだけの状態で空気抵抗は41%増加し、更にキャリアにスキーを4セット載せた状態で測定すると、空気抵抗は47%増加します。


(3) タイヤ空気圧の適正化



[1] 定期的なチェックが大切

放置しているとタイヤの空気圧は少しづつ抜けていきます。タイヤの空気圧が不足すると、燃料消費量が増加します。給油時にタイヤ空気圧を測定しましょう。

[2] 適正空気圧表示

適正空気圧は、運転席のドア付近に表示されています。

※タイヤ空気圧は、ガソリンスタンドで測定できます。

[3] チェックは常温で

指定されている適正空気圧は、常温状態の値です。走行前(タイヤが暖まる前)にタイヤの空気圧をチェックすることが基本です。タイヤが暖まっている場合は、少し高めの空気圧にします。

タイヤの空気圧を高めに設定すると燃料消費量が減少すると言われていますが、乗り心地が悪くなる、ブレーキの効きが悪くなるなどの現象が発生するため、注意が必要です。無理して高めのタイヤ空気圧に設定しない方が無難でしょう。

※出典:財団法人省エネルギーセンター「エコドライブ技術案内」

このページの先頭へ