• ホーム
  • エコドライブニュース
  • エコドライブイベント情報
  • プレスリリース
  • 地域との推進
  • ReCooエコドライブ
  • レクーとは
Home > ReCoo(レクー)が考えるエコドライブ > エコドライブ技術案内 > 省エネ運転操作のポイント

省エネ運転操作のポイント

省エネ運転のポイントは以下の4つ。

  • 発進時には最も多くの燃料を消費します。
  • ブレーキから足を離し、一呼吸おいて車が少し動きだしてからゆっくりアクセルを踏み込みます。
  • 前方の交通状況を読んで、加速し過ぎないようにしましょう。

  • 加速、減速を繰り返す運転は、燃料を多く消費します。
  • 加減速を抑えるためには、先の交通状況、道路状況を把握して、早めに対処します。
  • 市街地では周囲に合わせた速度、郊外や高速道路では緊張しないで運転できる速度を
    目安にしましょう。

  • アクセルをOFFにすると燃料の消費が抑制されます。
  • 先の交通状況や道路状況を把握して、停止位置を予測し、 早めのアクセルOFFを
    心掛けましょう。

  • 車は停止していても燃料は消費されています。
  • エンジンの始動にかかる燃料は、約5秒間のアイドリングと同じです。
    (5秒以上エンジンを止めれば、省エネになります。)

※出典:財団法人省エネルギーセンター「エコドライブ技術案内」

このページの先頭へ