• ホーム
  • エコドライブニュース
  • エコドライブイベント情報
  • プレスリリース
  • 地域との推進
  • ReCooエコドライブ
  • レクーとは
Home > ReCoo(レクー)が考えるエコドライブ > ReCoo(レクー)会員燃費データの季節変動

ReCoo(レクー)会員燃費データの季節変動

レクー会員燃費データの季節変動を調査し、寒冷地(北海道)と温暖地(九州・沖縄)の燃費変化と、代表地の気温変化を比較グラフ化しました。

燃費データの季節変動調査結果から下記の様に考えられます

  • 春・秋の燃費は良い。
  • 寒冷地は冬の落ち込みが大きく、夏の落ち込みはない。
  • 寒冷地では、月別燃費の差は30%弱に達する。
    (考えられる原因:冬の低気温での暖房のためのアイドリングの増加、エンジンが温まるまでに使用する燃料の増加、雪道走行による燃費の悪化等)
  • 温暖地は冬の落ち込みは小さく、夏の落ち込みは比較的大きい。
  • 温暖地では、月別燃費の差は10%強で、全国平均と変わらない。
    (夏のカーエアコン使用による燃費の悪化)
  • 日平均気温との相関をみると、概ね、20℃前後が最も燃費が良い。

※出典:財団法人省エネルギーセンター「ReCoo会員燃費データの季節変動」

このページの先頭へ